The SKYLINE Complete Blog      by George

■タグ「千代間由親」

● スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

● 富士300kmレース大会 '69ゴールデンシリーズⅣ

「富士300kmレース大会 '69ゴールデンシリーズ第4戦」が富士スピードウェイで開催されました。

「セダンレース」には6台の“GT-R”が出場、予選6位までを独占しました。
15時50分、決勝レースがスタート。千代間、久保田、篠原選手の“GT-R”がレースをリードする中、本来は20周レースのところ、富士名物の濃霧がコース全体を覆ったため「競技続行不能」として16周で終了、千代間選手がトップチェッカーを受けました。

'69ゴールデンシリーズⅣ


また、このレースが4輪デビュー戦となった星野一義選手も4位入賞と大健闘を見せました


セダンレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.60 スカイライン2000GT-R(PGC10) 千代間由親   37'33"53 (16)
[2位] No.75 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   37'42"04 (16)
[3位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道    38'01"52 (16)
[4位] No.97 スカイライン2000GT-R(PGC10) 星野 一義    38'02"27 (16)

[5位] No.30 トヨタ1600GT(RT55)        杉崎 直司    38'21"64 (16)
[6位] No.20 トヨタ1600GT(RT55)        藤田 直広    38'35"45 (16)


詳細はこちら(JAFデータベース)

スポンサーサイト

● '69 ニッサン・サンデーレースミーティング

PMC・SSCCN、NDC東京の日産系3クラブが主催の「ニッサン・サンデーレースミーティング」が富士スピードウェイで開催されました。

T-Ⅳクラスに出場した“GT-R”は1~5位を独占
プライベートGT-Rで参戦した千代間由親選手が優勝しました


T-Ⅳレース決勝結果(参加台数:37台)


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.27 スカイライン2000GT-R(PGC10) 千代間由親   46'44"65 (20)
[2位] No.31 スカイライン2000GT-R(PGC10) 長村 瑞臣   46'51"90 (20)
[3位] No.30 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道   46'59"95 (20)
[4位] No.28 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   47'03"49 (20)
[5位] No.29 スカイライン2000GT-R(PGC10) J.D.Chidester  48'51"10 (20)

[6位] No.14 ブルーバード1600SSS(P510)   松村 秀           (19)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。