fc2ブログ

The SKYLINE Complete Blog      by George

■タグ「富士スピードウェイ」

● 富士フレッシュマンレース第2戦

新人ドライバーの登竜門、「富士フレッシュマンレース第2戦」が富士スピードウェイで開催されました。

MAXIクラスに久保田、杉崎、星野、本橋選手の“GT-R”が出場。
ポールポジションは久保田、次いで杉崎、星野と、フロント・ロウを“GT-R”が独占しました!

富士フレッシュマンレース第2戦


決勝レースは序盤4台のGT-Rが激しいトップ争いを展開しましたが、星野、本橋がトラブルにより脱落、久保田、杉崎が最後まで競い、1秒差で久保田選手が優勝を飾りました


MAXIレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   21'43"34 (12)
[2位] No.18 スカイライン2000GT-R(PGC10) 杉崎 直司   21'44"45 (12)

[3位] No.30 フェアレディ2000(SR311)     高橋 健二   22'57"67 (12)
[4位] No.31 フェアレディ2000(SR311)     土屋 春次   23'07"31 (12)
[5位] No.23 フェアレディ2000(SR311)     荒井 克延   23'15"78 (12)
[6位] No.29 フェアレディ2000(SR311)     太田 忠旨   23'16"37 (12)


● 富士フレッシュマンレース第1戦

「富士フレッシュマンレース第1戦」が富士スピードウェイで開催されました。

14台のフェアレディ2000が出場したMAXIレース(TS/GTS ~2000cc)に久保田洋史選手が“GT-R”で出場。

富士フレッシュマンレース1


予選2番手からスタートした決勝レースでも2位でゴールし、TSクラス優勝となりました


MAXIレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.26 フェアレディ2000(SR311)     柳田 春人   20'57"47 (12)
[2位] No.11 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   21'01"41 (12)
[3位] No.28 フェアレディ2000(SR311)     小柴 茂明   21'08"20 (12)
[4位] No.29 フェアレディ2000(SR311)     太田 忠旨   21'14"25 (12)
[5位] No.24 フェアレディ2000(SR311)     鈴木 達博   21'14"84 (12)
[6位] No.21 フェアレディ2000(SR311)     高橋 健二   21'20"74 (12)



● 第7回富士100kmロードレースミーティング

「第7回富士100kmロードレースミーティング」が富士スピードウェイで開催されました。

レースは左回りの4.3kmコースで行われ、ポールポジションからスタートした箕輪選手の“GT-R”がフェアレディ軍団を率いてトップを快走していましたが、16周目にミッショントラブルでリタイヤしてしまい、総合優勝はなりませんでした

結果1~4位はGTS-Ⅱクラスのフェアレディ。
5位に長村選手の“GT-R”が入り、TS-Ⅱクラス優勝となりました


富士100kmロードレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.14 フェアレディ2000(SR311)     桜井 一     39'38"07 (23)
[2位] No.93 フェアレディ2000(SR311)     柳田 春人   39'43"71 (23)
[3位] No.11 フェアレディ2000(SR311)     佐藤 稔     39'43"82 (23)
[4位] No.94 フェアレディ2000(SR311)     坂部 是行   40'02"05 (23)
[5位] No.56 スカイライン2000GT-R(PGC10) 長村 瑞臣   40'34"07 (23)
[6位] No.64 フェアレディ2000(SR311)     砂場 道明   41'17"03 (23)


● 富士300kmレース大会 '69ゴールデンシリーズⅣ

「富士300kmレース大会 '69ゴールデンシリーズ第4戦」が富士スピードウェイで開催されました。

「セダンレース」には6台の“GT-R”が出場、予選6位までを独占しました。
15時50分、決勝レースがスタート。千代間、久保田、篠原選手の“GT-R”がレースをリードする中、本来は20周レースのところ、富士名物の濃霧がコース全体を覆ったため「競技続行不能」として16周で終了、千代間選手がトップチェッカーを受けました。

'69ゴールデンシリーズⅣ


また、このレースが4輪デビュー戦となった星野一義選手も4位入賞と大健闘を見せました


セダンレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.60 スカイライン2000GT-R(PGC10) 千代間由親   37'33"53 (16)
[2位] No.75 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   37'42"04 (16)
[3位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道    38'01"52 (16)
[4位] No.97 スカイライン2000GT-R(PGC10) 星野 一義    38'02"27 (16)

[5位] No.30 トヨタ1600GT(RT55)        杉崎 直司    38'21"64 (16)
[6位] No.20 トヨタ1600GT(RT55)        藤田 直広    38'35"45 (16)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● 第4回富士ツーリスト・トロフィーレース

「第4回富士ツーリスト・トロフィーレース」が富士スピードウェイで開催されました。

このレースは、またの名を「ツーリング500マイルレース」と言って、ツーリングカーだけで競う800kmの耐久レース。
公式予選はなく、排気量の大きい順に並べられた45台でレースはスタートしました

第4回富士ツーリスト・トロフィーレース


箕輪/レイガン組、篠原/長村組、萩原/千代間組の3台の“GT-R”がレースをリード。
激しいトップ争いが繰り広げられましたが、最終周、トップを快走していた箕輪/レイガン組がガス欠でピットイン、この隙に篠原/長村組がトップに立ちそのままゴール、土壇場での逆転勝利となりました


ツーリスト・トロフィーレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー         (周回数)



[1位] No. 5 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道/長村 瑞臣  (133)
[2位] No. 1 スカイライン2000GT-R(PGC10) 箕輪 真治/R.L.レイガン  (133)

[3位] No.22 トヨタ1600GT(RT55)        藤田 直広/金原 優    (130)
[4位] No. 9 スカイライン2000GT-R(PGC10) 萩原 裕/千代間 由親  (128)
[5位] No.24 トヨタ1600GT(RT55)        杉崎 直司/舘 宗一    (127)
[6位] No.29 ベレット1600GT(PR91)      加茂 秀夫/青木 正行  (122)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● '69日本グランプリ(TSレース)

「'69日本グランプリ」が富士スピードウェイで開催されました。

サポートレースの「ツーリングカー(TS)レース」には“GT-R”が大挙出場!
この中にはルーカス製インジェクション(燃料噴射装置)を装着した事実上の“ワークスGT-R”が6台含まれており、予選ではこの6台が上位を独占したのです
No.39寺西選手が叩き出した2分10秒08は、ツーリングーとしては驚異的なタイムです

 予選1位 No.39 寺西 孝利 (SCCN)
 39_PGC10
                                      (予選タイム 2'10"08

 予選2位 No.40 鈴木 誠一 (SCCN)
 40_PGC10
                                      (予選タイム 2'11"08

 予選3位 No.41 田村 三夫 (SCCN)
 41_PGC10
                                      (予選タイム 2'11"49

 予選4位 No.38 歳森 康師 (SCCN)
 38_PGC10
                                      (予選タイム 2'12"08

 予選5位 No.47 須田 祐弘 (SCCN)
 47_PGC10
                                      (予選タイム 2'12"74

 予選6位 No.43 辻本 征一郎 (SCCN)
 43_PGC10
                                      (予選タイム 2'13"05


ワークスGT-R勢に続いたのがPMC・SSCCNからエントリーのプライベートGT-R勢。

 予選7位 No.46 千代間 由親 (PMC・S)  
 46_PGC10
                                      (予選タイム 2'14"35

 予選8位 No.45 R.L.レイガン (PMC・S)
 45_PGC10
                                      (予選タイム 2'14"48

 予選9位 No.44 萩原 裕 (PMC・S)
 44_PGC10
                                      (予選タイム 2'14"54

 予選10位 No.37 箕輪 真治 (SCCN)
 37_PGC10
                                      (予選タイム 2'16"74

 予選11位 No.48 久保田 洋史 (PMC・S)
 48_PGC10
                                      (予選タイム 2'16"97

 予選12位 No.36 長村 瑞臣 (SCCN)
 36_PGC10
                                      (予選タイム 2'17"10

 予選15位 No.50 狩野 英夫 (PMC・S)
 50_PGC10
                                      (予選タイム 2'20"67



午前9時、グリッド上位12台を“GT-R”で独占した決勝レースがスタート

'69日本グランプリTSレース


GT-R同士の熾烈なトップ争いとなったレースの模様は↓




結局、上位8位を“GT-R”が独占するという快挙で8連勝です


ツーリングカーレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 寺西 孝利   45'26"01 (20)
[2位] No.38 スカイライン2000GT-R(PGC10) 歳森 康師   45'26"01 (20)
[3位] No.40 スカイライン2000GT-R(PGC10) 鈴木 誠一   45'26"19 (20)
[4位] No.45 スカイライン2000GT-R(PGC10) R.L.レイガン   45'27"74 (20)
[5位] No.36 スカイライン2000GT-R(PGC10) 長村 瑞臣   45'33"79 (20)
[6位] No.41 スカイライン2000GT-R(PGC10) 田村 三夫   45'36"53 (20)
[7位] No.46 スカイライン2000GT-R(PGC10) 千代間由親   45'44"76 (20)
[8位] No.48 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   45'57"40 (20)

[9位] No.25 トヨタ1600GT(RT55)        藤田 直広   46'44"85 (20)
[10位] No.20 トヨタ1600GT(RT55)        下山 平治   47'09"49 (20)


詳細はこちら(JAFデータベース)

 

● 第12回全日本ストッカー富士300キロレース

「第12回全日本ストッカー富士300キロレース」が富士スピードウェイで開催されました。

全日本選手権レースはツーリングカー(T)とスポーツカー(S)に区分されていますが、今回に限り両部門混合レースという形が取られました。
グランドスタンド前ストレートにシケインを特設した左回り4.3kmコースです。

決勝レースでは、当然ながらSⅡクラスのポルシェ・カレラ6、ロータス47GTが圧倒的な速さでワンツーフィニッシュしましたが、都平選手の“ワークスGT-R”はTⅡクラスとしては驚異的な速さを見せ、SⅡクラスのフェアレディ2000を全車打ち破っての総合3位
勿論クラス優勝で、7勝目を飾りました


全日本選手権レース決勝結果


[順位](クラス) No.    車名                ドライバー   タイム (周回数)



[1位] (SⅡ) No.43 ポルシェ・カレラ6(906)       米山 二郎   41'27"65 (25)
[2位] (SⅡ) No.31 ロータス47GT(47)         高野 ルイ   41'50"01 (24)
[3位] (TⅡ) No.82 スカイライン2000GT-R(PGC10) 都平 健二   41'52"60 (24)
[4位] (SⅡ) No.99 フェアレディ2000(SR311)     鯉沼 三郎   41'52"90 (24)
[5位] (SⅡ) No.28 フェアレディ2000(SR311)     西野 弘美   41'58"79 (24)
[6位] (SⅡ) No.89 フェアレディ2000(SR311)     藤田 皓二   42'18"96 (24)
[7位] (SⅡ) No.11 フェアレディ2000(SR311)     斉藤 実    42'58"36 (24)
[8位] (TⅡ) No.14 スカイライン2000GT-R(PGC10) 横山 達    41'49"42 (23)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● 富士300kmレース大会 '69ゴールデンシリーズⅢ

「富士300kmレース大会 '69ゴールデンシリーズ第3戦」が富士スピードウェイで開催されました。

「セダンレース」に出場した“GT-R”は予選1~3位を独占!
決勝レースでもトヨタ1600GT勢を寄せ付けず、見事ワンツーフィニッシュ
ファイナルラップ、バンク直前で篠原選手からリードを奪った長村選手が0.46秒という僅差で勝利を上げました

富士300キロ


セダンレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.64 スカイライン2000GT-R(PGC10) 長村 瑞臣   46'46"15 (20)
[2位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道   46'46"61 (20)

[3位] No.20 トヨタ1600GT(RT55)        藤田 直広  47'22"70 (20)
[4位] No.25 トヨタ1600GT(RT55)        下山 平治  47'22"96 (20)
[5位] No. 1  トヨタ1600GT(RT55)        金原 優    47'23"32 (20)
[6位] No. 2  トヨタ1600GT(RT55)        小森 勝    48'13"12 (20)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● '69 ニッサン・サンデーレースミーティング

PMC・SSCCN、NDC東京の日産系3クラブが主催の「ニッサン・サンデーレースミーティング」が富士スピードウェイで開催されました。

T-Ⅳクラスに出場した“GT-R”は1~5位を独占
プライベートGT-Rで参戦した千代間由親選手が優勝しました


T-Ⅳレース決勝結果(参加台数:37台)


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.27 スカイライン2000GT-R(PGC10) 千代間由親   46'44"65 (20)
[2位] No.31 スカイライン2000GT-R(PGC10) 長村 瑞臣   46'51"90 (20)
[3位] No.30 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道   46'59"95 (20)
[4位] No.28 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   47'03"49 (20)
[5位] No.29 スカイライン2000GT-R(PGC10) J.D.Chidester  48'51"10 (20)

[6位] No.14 ブルーバード1600SSS(P510)   松村 秀           (19)


カレンダー

12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook