The SKYLINE Complete Blog      by George

■タグ「鈴鹿サーキット」

● 全日本鈴鹿12時間自動車レース

'70鈴鹿耐久シリーズの最終戦「全日本鈴鹿12時間自動車レース」が鈴鹿サーキットで開催されました。

日本一過酷と言われるこのレースに、日産ワークスは“GT-R”に高橋/都平組、横山/歳森組を、〝240Z〟には砂子/北野組、〝SSS-R〟には黒沢/長谷見組、〝SSS〟には星野/本橋組を起用して必勝体制で臨んできました。
9時30分、炎天下の中12時間の耐久レースがスタートしましたが、午後4時44分頃スプーンカーブで火災死亡事故が発生!レースは赤旗中断となり、1時間14分後に再スタートとなりました。

全日本鈴鹿12時間自動車レース


レースはプライベート出場のニットラAC7(ホンダ1300エンジン搭載のプロトタイプ)と“ワークスGT-R”の戦いに終始しましたが、燃費の善し悪しが勝負を分けました。
6.9km/lも走ったというニットラAC7がトップでチェッカー
3km/lだった“GT-R”は高橋/都平組が2位、横山/歳森組が3位でTⅡクラス1-2位を獲得!
プライベートで参戦した箕輪/杉崎組の“GT-R”も総合5位(クラス4位)に入賞しました


全日本鈴鹿12時間自動車レース決勝結果


[順位] No.     車名                 ドライバー        (周回数)



[1位] No. 8  ニットラAC7(AC7)           田中 弘 / 矢吹 圭造  (236)
[2位] No.25 スカイライン2000GT-R(PGC10)  高橋 国光 / 都平 健二  (235)
[3位] No.26 スカイライン2000GT-R(PGC10)  横山  達 / 歳森 康師  (233)

[4位] No.47 ファミリアロータリークーペ(M10A) 増田 建基 / 藤田 直広  (231)
[5位] No.29 スカイライン2000GT-R(PGC10)  箕輪 真治 / 杉崎 直司  (230)
[6位] No.35 ファミリアロータリークーペ(M10A) 田中 梅夫 / 伊藤 一良  (226)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● 全日本鈴鹿1000km自動車レース

「全日本鈴鹿1000km自動車レース」が鈴鹿サーキットで開催されました。

鈴鹿耐久レースシリーズの第2戦、“GT-R”はPMC・Sから久保田/箕輪組、杉崎/水野組の2台が出場しました。

日産ワークスからは3台の〝Z432〟が出場しましたが、序盤いずれもトラブルによりリタイヤ。
予選1~2位を獲得した2台のいすゞベレットR6も、中盤トラブルに見舞われ脱落。
これにより予選7位からスタートしたプライベーター、西野/藤田組の〝Z432〟がトップに浮上し、そのまま優勝!

全日本鈴鹿1000km自動車レース


2位争いは、トヨタワークスのコロナマークⅡGSSと激しいバトルを繰り広げた久保田/箕輪組の“GT-R”が、残り8周で〝GSS〟をかわし、2位でフィニッシュ
TⅡクラス優勝を果たしました


全日本鈴鹿1000km自動車レース決勝結果


[順位] No.     車名                 ドライバー        (周回数)



[1位] No.19 フェアレディZ432(PS30)        西野 弘美 / 藤田 皓二  (167)
[2位] No.45 スカイライン2000GT-R(PGC10)   久保田洋史 / 箕輪 真治  (166)
[3位] No.41 コロナ・マークⅡGSS(RT75)     高橋 利昭 / 高橋 晴邦  (166)
[4位] No.76 ホンダ1300クーペ(H1300C)     高武富久美 / 木倉 義文  (159)
[5位] No.34 ホンダS800(AS800)          大村 千吉 / 大村 勝正  (153)
[6位] No.23 フェアレディ2000(SR311)       仲庭 成和 / 畠山 日盛  (152)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● 全日本鈴鹿500km自動車レース

鈴鹿耐久レースシリーズの第1戦「全日本鈴鹿500km自動車レース」が鈴鹿サーキットで開催されました。

ポルシェ910、ベレットR6等スポーツプロトとの混走レースに、本橋、星野、箕輪、杉崎選手らが“GT-R”で出場。
日産ワークスの黒沢、都平選手は今回ブルーバードSSSクーペでの出場となりました。

全日本鈴鹿500km自動車レース

ル・マン式スタートで始まった決勝レースは、順当にRⅡクラスのポルシェ910、ベレットR6がワンツー・フィニッシュ。

箕輪真治

GT-R勢では日産ワークスの本橋、星野選手らが苦戦する中、PMC・Sから出場の箕輪選手が大健闘、総合5位に入賞 見事TⅡクラス優勝に輝きました


全日本鈴鹿500km自動車レース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No. 2 ポルシェカレラ910(910)       風戸 裕    3:36'19"10 (84)
[2位] No. 3 ベレットR6(R6)            浅岡 重輝   3:38'57"20 (84)
[3位] No.27 フェアレディ2000(SR311)     西野 弘美   3:36'33"50 (79)
[4位] No. 5 ベレットR6(R6)            津々見友彦   3:37'31"30 (79)
[5位] No.51 スカイライン2000GT-R(PGC10) 箕輪 真治   3:38'37"50 (78)
[6位] No.54 ベレットGT(PR91)          形山 寛次   3:39'04"10 (77)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● '70全日本鈴鹿自動車レース大会

「'70全日本鈴鹿自動車レース大会」が鈴鹿サーキットで開催されました。

1月の全日本鈴鹿300キロ同様スポーツプロトとの混走レースに、4台の“GT-R”が出場。
マツダからはファミリア・ロータリー・クーペが2台出場、“GT-R”に勝負を挑んできました。

70全日本鈴鹿自動車レース


レースはポールポジションからスタートした高橋選手の“GT-R”が総合4位でTクラス優勝
5位、6位にも“GT-R”が入り、Tクラス1~3位を独占しました


'70全日本鈴鹿自動車(クラスⅡ)レース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.51 ポルシェ910(910)          松永 邦臣   1:01'55"0 (25)
[2位] No.73 フォードGT40(GT40)        吉田 隆郎    1:01'35"6 (24)
[3位] No.74 ポルシェ906(906)          波嵯栄菩武   1:02'04"4 (24)
[4位] No.79 スカイライン2000GT-R(PGC10) 高橋 国光   1:02'19"7 (24)
[5位] No.63 スカイライン2000GT-R(PGC10) 箕輪 真治   1:00'45"9 (23)
[6位] No.78 スカイライン2000GT-R(PGC10) 横山 達     1:01'02"5 (23)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● 全日本鈴鹿300kmレース大会

「全日本鈴鹿300kmレース大会」が鈴鹿サーキットで開催されました。

ポルシェ908、910、フォードGT、フェアレディZ432等、純レーシングカーやスポーツカーが大挙出場の中、ツーリングカークラスに5台の“GT-R”が出場。

全日本鈴鹿キロ


降雪のため50周300kmから35周210kmに短縮された決勝レースでは、高橋選手の“GT-R”がポルシェ908、910に次ぐ3位でフィニッシュ
Tクラス優勝を果たしました


全日本鈴鹿300キロ(クラスⅡ)レース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.62 ポルシェ908(908)          松永 邦臣   1:22'53"4 (35)
[2位] No.59 ポルシェ910(910)          風戸 裕     1:24'07"9 (33)
[3位] No.16 スカイライン2000GT-R(PGC10) 高橋 国光   1:24'42"0 (32)
[4位] No.47 フォードGT40(GT40)        田中健二郎   1:24'43"9 (32)
[5位] No.15 ブルーバードSSSクーペ(KP510) 都平 健二   1:25'13"6 (32)
[6位] No.48 フェアレディ2000(SR311)     伊藤 一良   1:23'46"8 (31)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● '69全日本鈴鹿自動車レース大会シリーズⅡ

今日は鈴鹿サーキットでも“GT-R”が勝利を上げました!
「'69全日本鈴鹿自動車レース大会」の第2戦です。

燃料噴射装置付きの“ワークスGT-R”で参戦した都平選手は、予選で2分33秒4をマーク。
ポールポジションを獲得したロータス47GTとのタイム差僅かコンマ1秒の2番手からスタートし、終始レースをリード Sクラスのロータスやフェアレディ軍団を抑えて見事優勝

'69全日本鈴鹿自動車レース大会シリーズⅡ


都平選手はこの勝利で「'69年全日本選手権TS-Ⅱクラスチャンピオン」を獲得しました


全日本選手権Ⅱ(S&T)レース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.17 スカイライン2000GT-R(PGC10) 都平 健二   1:00'47"3 (23)
[2位] No.20 ロータス47GT(47)         高野 ルイ    1:00'57"8 (23)
[3位] No.18 スカイライン2000GT-R(PGC10) 横山 達     1:01'32"6 (23)
[4位] No.30 フェアレディ2000(SR311)     寺西 孝利   1:02'22"3 (23)
[5位] No.21 フェアレディ2000(SR311)     藤田 皓二   1:00'38"4 (22)
[6位] No.27 スカイライン2000GT-R(PGC10) 猪熊 崇司   1:00'56"3 (21)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● T-Ⅴレース

午後4時にスタートしたT-Ⅴ(ツーリングカー1600cc)レースでは、スカイライン1500(S50D)が1~8位を占めるという快挙を達成しました

T-Ⅴレース


T-Ⅴ(ツーリングカー1600cc)決勝結果
出走30台


[順位]    No.     車名          ドライバー     タイム  (周回数)



[優勝] No.31 プリンス スカイライン1500(S50D) 生沢 徹   44'45"6 (15)
No.31 スカイライン

[2位] No.30 プリンス スカイライン1500(S50D) 杉田 幸朗  44'46"3 (15)
No.30 スカイライン

[3位] No.27 プリンス スカイライン1500(S50D) 大石 秀夫  44'46"6 (15)
No.27 スカイライン

[4位] No.29 プリンス スカイライン1500(S50D) 砂子 義一  44'47"3 (15)
No.29 スカイライン

[5位] No.32 プリンス スカイライン1500(S50D) 殿井 宣行  45'01"0 (15)
No.32 スカイライン

[6位] No.33 プリンス スカイライン1500(S50D) 須田 祐弘  45'01"2 (15)
No.33 スカイライン

[7位] No.28 プリンス スカイライン1500(S50D) 古平 勝   45'04"7 (15)
No.28 スカイライン

[8位] No.35 プリンス スカイライン1500(S50D) 高橋 幸治  45'27"4 (15)
No.35 スカイライン

[ 9] No.11 いすゞ ベレット(PR20)    中島 茂樹    45'29"8 (15)
[10] No.14 いすゞ ベレット(PR20)    浅岡 重輝   45'45"1 (15)
[11] No.23 トヨペット コロナ(RT20)   浮谷東次郎   46'02"1 (15)
[12] No. 1 コルチナ ロータス(FORD)  吉田 隆郎    46'47"2 (15)
[13] No.12 いすゞ ベレット(PR20)    B.ルイス     46'49"5 (15)
[14] No.24 トヨペット コロナ(RT20)   田村 三夫   47'17"1 (15)
[15] No. 6 いすゞ ベレット(PR20)    守屋清太郎   47'23"8 (15)
[16] No.21 トヨペット コロナ(RT20)   杉江 博愛   47'24"4 (15)
[17] No.20 トヨペット コロナ(RT20)   高橋 利昭   47'45"3 (15)
[18] No.19 トヨペット コロナ(RT20)   蟹江 光正   47'47"0 (15)
[19] No.17 トヨペット コロナ(RT20)   松尾 正通   44'49"4 (14)
[20] No. 7 いすゞ ベレット(PR20)    滝沢 元営   44'52"9 (14)
[21] No. 5 いすゞ ベレット(PR20)    岩崎 淳     44'57"9 (14)
[22] No. 9 いすゞ ベレット(PR20)    田中 真清   45'27"6 (14)
[23] No. 3 いすゞ ベレット(PR20)    竹内 重男   45'31"2 (14)
[24] No.18 トヨペット コロナ(RT20)   山田 祥三   46'56"6 (14)



以上、完走24台。

昨年の雪辱を晴らす事が出来て良かったですね

 

● GT-Ⅱレース

昨年の雪辱を晴らす為、7台の「スカイラインGT」を送り込み、必勝態勢で臨んだプリンス陣営に強力ライバルが急遽参戦してきました!
「ポルシェ904カレラGTS」
最高出力180馬力、最高速度260km/hの性能を誇る生粋のレーシング・スポーツです。

GT-Ⅱレース

午前9時35分、決勝レースがスタート。

レースはスタートから首位に立ったポルシェをスカイライン勢が追う展開となりましたが、6週目、ポルシェがヘアピンカーブ手前で周回遅れのトライアンフを抜くのに手間取った一瞬の隙を生沢徹のスカイラインGT(No.41)が刺したのです

ポルシェ904 vs スカイラインGT(1)

ポルシェ904 vs スカイラインGT(2)

ポルシェ904 vs スカイラインGT(3)

ポルシェ904 vs スカイラインGT(4)

一周ではありましたがポルシェを従えトップで周回したスカイラインGTに、鈴鹿サーキットは大歓声で沸きかえりました。


GT-Ⅱ(グランドツーリングカー2000cc)決勝結果
出走30台


[順位]    No.     車名          ドライバー    タイム  (周回数)



[優勝] No. 1 ポルシェ カレラGTS(904) 式場 壮吉  45'29"9 (16)
No.1 ポルシェ904

[2位] No.39 プリンス スカイラインGT(S54) 砂子 義一  45'39"3 (16)
No.39 スカイラインGT

[3位] No.41 プリンス スカイラインGT(S54) 生沢 徹  45'58"8 (16)
No.41 スカイラインGT

[4位] No.35 プリンス スカイラインGT(S54) 古平 勝  46'48"8 (16)
No.35 スカイラインGT

[5位] No.38 プリンス スカイラインGT(S54) 殿井 宣行  46'58"5 (16)
No.38 スカイラインGT

[6位] No.40 プリンス スカイラインGT(S54) 須田 祐弘  46'59"1 (16)
No.40 スカイラインGT

[ 7] No.20 日産 フェアレディ(SP310)    山脇 惇夫   47'11"0 (16)
[ 8] No.37 プリンス スカイラインGT(S54)  杉田 幸朗   47'58"3 (16)
[ 9] No. 9 ロータス エラン(26)        横山精一郎   48'04"7 (16)
[10] No. 3 MG-B(MG)             浅岡 重輝   48'06"0 (16)
[11] No.27 日産 フェアレディ(SP310)    三保敬太郎   48'07"4 (16)
[12] No.21 日産 フェアレディ(SP310)    立石 宣    45'35"1 (15)
[13] No.29 日産 フェアレディ(SP310)    J.ウィルソン   46'05"6 (15)
[14] No.17 日産 フェアレディ(SP310)    高木 敏明   46'06"1 (15)
[15] No.33 いすゞ ベレット1600(PR90)    B.ルイス     46'13"0 (15)
[16] No. 2 MG-B(MG)             松永 正義   46'47"9 (15)
[17] No.30 日産 フェアレディ(SP310)    P.クロートン   46'49"8 (15)
[18] No.24 日産 フェアレディ(SP310)    癸生川忠成   47'09"9 (15)
[19] No.18 日産 フェアレディ(SP310)    中島 逸郎   48'01"6 (15)
[20] No.15 トライアンフ TR4          塚本 育子   46'12"7 (14)


完走は以上20台でしたが、スカイラインGTの戦闘力の高さが証明された結果となりましたね

 

● 第2回日本グランプリ開幕!

「第2回日本グランプリ自動車レース大会」が開幕しました!

第2回日本グランプリ

昨年の大会では惨敗を喫したプリンス自動車ですが、今年は初日からやってくれました
T-Ⅵレース(ツーリングカー2000cc)でグロリアが見事ワンツー・フィニッシュです

T-Ⅵ スターティンググリッド

1900~2000ccの国産乗用車が全車種出場とあって、大会初日最大の注目を集めたこのレースに、プリンスは最新鋭2000cc直6・OHCエンジン(G7型)を搭載したグロリア・スーパー6(S41D-1)で参戦。
予選では圧倒的な速さでライバル他車(クラウン、ペレル、セドリック)を寄せ付けず、1~8位を独占しました!

T-Ⅵレース

決勝レースは、上位グロリア勢の中に式場クラウン(No.29)が割って入るという展開で進み、トップ争いをしていたP.Pスタートの生沢(No.40)2番手スタートの須田(No.43)等が途中リタイヤしたものの、6周目よりトップに立った予選4位の大石グロリア(No.39)がそのままチェッカー 予選3位の杉田(No.38)も2位でチェッカーを受け、プリンス自動車は見事昨年の雪辱を果たしたのです


T-Ⅵレース決勝結果
出走30台


[順位]     No.     車名          ドライバー     タイム  (周回数)



[優勝] No.39 プリンス グロリア(S41D-1) 大石 秀夫  1:00'10"6 (20)
No.39 グロリア

[2位] No.38 プリンス グロリア(S41D-1) 杉田 幸朗  1:00'16"9 (20)
No.38 グロリア

[3位] No.29 トヨペット クラウン(RS40) 式場 壮吉  1:00'25"9 (20)
No.29 クラウン

[4位] No.37 プリンス グロリア(S41D-1) 横山 達  1:00'30"9 (20)
No.37 グロリア

[5位] No.31 トヨペット クラウン(RS40) 寺西 孝利  1:01'12"7 (20)
No.31 クラウン

[6位] No.32 トヨペット クラウン(RS40) 多賀 弘明  1:01'25"3 (20)
No.32 クラウン

[ 7] No.25 トヨペット クラウン(RS40)  北原 豪彦   1:01'36"0 (20)
[ 8] No.12 いすゞ ペレル(PS20)     滝口 憲亮   1:01'44"5 (20)
[ 9] No.36 プリンス グロリア(S41D-1)  古平  勝    1:01'53"7 (20)
[10] No. 2 日産 セドリック(G31)     鈴木 誠一   1:01'59"0 (20)
[11] No.44 プリンス グロリア(S41D-1) 殿井 宣行   1:02'15"2 (20)
[12] No. 7 日産 セドリック(G31)     田中健二郎   1:02'32"3 (20)
[13] No. 6 日産 セドリック(G31)     前田 一利   1:00'33"0 (19)
[14] No.18 トヨペット クラウン(RS40)  大坪 善男   1:00'38"3 (19)
[15] No. 1 日産 セドリック(G31)     高橋  朗    1:01'05"2 (19)
[16] No. 5 日産 セドリック(G31)     立石  宣    1:01'05"7 (19)
[17] No. 3 日産 セドリック(G31)     井口のぼる   1:01'30"6 (19)
[18] No.16 いすゞ ペレル(PS20)     K.スイッシャー 1:02'31"6 (19)
[19] No.24 トヨペット クラウン(RS40)  桑原  彰    1:04'17"3 (19)
[20] No.27 トヨペット クラウン(RS40)  田村 三夫          (19)
[21] No.15 いすゞ ペレル(PS20)     吉田  進    1:00'13"6 (18)
[22] No. 8 日産 セドリック(G31)     服部 金蔵   1:01'30"2 (16)


以上、完走は22台でした。


明日はGT-Ⅱレース(GTカー2000cc)に「スカイラインGT」が、T-Ⅴレース(ツーリングカー1600cc)に「スカイライン1500」が大挙出場します。
いずれも予選上位を独占、ダブル優勝の期待が高まります。

そしてプリンス陣営にとっては更に嬉しいニュースが
GT-Ⅱレースに急遽参戦してきた「ポルシェ・カレラGTS」が昨日の予選でクラッシュ大破
明日の決勝レース出走は危ういとの事・・・


こりゃ優勝間違いなしですね

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook