The SKYLINE Complete Blog      by George

■Model Car

● スカイライン2000GT-X (緑)/ (ラベンダー)


 トミーテックからハコスカの「2000GT-X (緑)/ (ラベンダー)」が発売されました!

スカイライン2000GT-X (緑)/ (ラベンダー)

ハコスカとしては最終型となる1972年に追加された4ドアセダンの「2000GT-X」を商品化。
ツインキャブ+5速ミッションが搭載されたGT-Xは'71年に2ドア専用車として登場、好評から翌年4ドア版が追加されました。
『精悍4ドア』のテレビCMやカタログでのイメージカラーである緑色と、ハコスカの中でも希少色ともいえるラベンダーの2色です。


  


● 日本車の時代 09 スカイライン2000GT (銀)


 トミーテックから「日本車の時代09 スカイライン2000GT (銀)」が発売されました!

日本車の時代09 スカイライン 2000GT(銀)

好評の『日本車の時代』シリーズ最新作として登場するハコスカ2000GTの'70年型。
『愛のスカイライン』のCMでもお馴染みの銀ボディ/黒レザートップ仕様を再現します。
GT-Rでのレース活動も軌道に乗り、強く優しいイメージ戦略とともに販売台数も伸びていった当時の勢い、スカGならではの魅力を解説するブック型パッケージもお楽しみに。


 


● スカイライン2000GT (銀)/ (赤)


 トミーテックからハコスカの「2000GT (銀)/ (赤)」が発売されました!

スカイライン2000GT(銀)/(赤)

今回は6気筒の2000GTを再現。もちろん、フロントノーズも長くなっておりますので、パーツは完全新金型。リアに入ったサーフィンライン等、フロント以外の造形もさらに手の入った構成になっています。
毎年マイナーチェンジを受けていたハコスカですが、まず今回は1968年秋に発売された最初期の69年型を再現。フロントグリル、バンパー、テールランプなど初期型ならではの特徴を網羅しています。
ボディ色は、ハコスカから採用され、後のスカGの定番となった銀色と、4ドアでは最初期型にのみ設定されていた赤の2色です。


  


● NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC110)


 日産オンラインショップから 1/12スケールのケンメリGT-R(KPGC110)が発売されました!

 ● NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC110) Silver

NISSAN SKYLINE 2000GT-R(KPGC110) Silver


 ● NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC110) White

NISSAN SKYLINE 2000GT-R(KPGC110) White

“ケンメリGT-R” の愛称でお馴染みの NISSAN SKYLINE 2000GT-R (KPGC110) を 1/12 スケールレジン素材でモデル化。 実車データと取材に基づき、こだわりのストックスタイルで再現しました。 1/12 スケールならではの車体寸法 38cm という圧倒的な存在感と、精密に再現された内外装のディテールをお楽しみください。


 【仕様】
 サイズ:1/12スケール
 レジンモデル
 KYOSHO SAMURAIシリーズ
 販売価格:¥ 34,560 (税込)
 nos_limited.jpg 

  

● スカイライン 25GTターボ (銀)/ (白)


 トミーテックからR34後期セダン「スカイライン 25GTターボ (銀)/ (白)」が発売されました!

スカイライン 25GTターボ (銀)/ (白)

スカイライン(R34型)セダン後期型の最高性能版、25GTターボ。
直列6気筒エンジンを載せた最後の世代にあたる10代目スカイラインは、それまでの集大成というのに相応しい性能、スタイリングを持ち、後になって人気が急上昇。
特に2000年8月にデビューした後期型は、翌年6月までの10か月しか生産されておらず、希少性の高さも人気の所以です。


  

● NISSAN SKYLINE 25GT TURBO (R34)


 インターアライドから「Hi-Story NISSAN SKYLINE 25GT TURBO (R34)」が発売されました!


 ● ライトニングイエロー               ●ホワイト


 ●アクティブレッド                  ●ダークブルーパール


 ●ブラックパール                  ●アスリートシルバー

スカイライン最後の直列6気筒エンジン搭載車「10代目スカイラインR34型」は、先代のR33型に比べて小型化が行われ、剛性の向上したボディに搭載されたRB25DETエンジンは280馬力を発揮。運転性能に質を求めるドライバーから絶大な支持を受けています。製品は、その無駄のないシャープなフォルムをハイ・ストーリーシリーズ(ハイクオリティレジンキャストライン)で再現しています。


   
   

タグ : HiStory

● 日産スカイライン R31 4ドアハードトップ GTパサージュ ツインカム24Vターボ


ベルテンポから「CAM@ 1/43 日産スカイライン R31 4ドア ハードトップ GTパサージュ ツインカム24Vターボ 1987」が発売されました!!!

 ● クリスタルホワイト

CAM 1/43 日産 スカイライン 4ドアハードトップ GTパサージュ ツインカム24Vターボ 1987年 クリスタルホワイト


 ● ブラックトーニングツートン

CAM 1/43 日産 スカイライン 4ドアハードトップ GTパサージュ ツインカム24Vターボ 1987年 ブラックトーニングツートン


● グレイッシュブルーメタリック

CAM 1/43 日産 スカイライン 4ドアハードトップ GTパサージュ ツインカム24Vターボ 1987年 グレイッシュブルーメタリック


1985年デビューのR31型スカイラインは87年にマイナーチェンジを受け、スポーティーなイメージを打ち出しました。特にクーペと同様のデザインに変更された4ドアのフロントフェイスは、オプション装着のGTオートスポイラーとともに後期型の代表的なスタイルとなり、スポーティーサルーンらしいデザインとなり人気を博しました。今回、CAM@ではそのスタイルを再現、人気の後期型4ドアハードトップをモデル化しました。


  


● チョロQ zero スカイライン 2000ターボGT


 トミーテックから「チョロQ zero スカイライン 2000ターボGT (銀)(赤)」が発売されました!

 ● チョロQ zero Z-36a スカイライン 2000ターボGT (銀)

チョロQ zero Z-36a スカイライン 2000ターボGT(銀)

 スカGといえばシルバー!
 ジャパン特有のサイドストライプを装着した精悍な仕様です。
 純正アルミホイールを再現。


 ● チョロQ zero Z-36b スカイライン 2000ターボGT (赤)

チョロQ zero Z-36a スカイライン 2000ターボGT(赤)

 スカイライン・ジャパンのレアカラー、赤に金ストライプが美しく映えます。
 フラットなボンネットなども実車に忠実。


  


● 日産スカイラインGT-R (KPGC10) レースカー 1971 #8 日本グランプリ2位長谷見昌弘

AUTOartから「日産スカイラインGT-R (KPGC10) レースカー 1971 #8 日本グランプリ2位長谷見昌弘」が発売されました!

日産スカイラインGT-R (KPGC10) レースカー 1971 #8 日本グランプリ2位長谷見昌弘

日本のモータースポーツ史にその名を刻む『日産 スカイライン GT-R レースカー』は、1969年のデビュー以来、数々の名勝負を演じ通算50を越える勝利を獲得。その中でも、1971年5月に富士スピードウェイで開催された『’71 日本グランプリ』の「ツーリングカー・bレース」は、スリリングなレース展開で特に有名です。前日の予選を圧倒的な速さで制した「ニッサンワークス GT-R」の、ポールポジションの『6号車・高橋国光』と2番手『8号車・長谷見昌弘』の2台が、レースでも3位以下を1周3秒以上上回るラップタイムを刻むハイペースで、毎周のように順位が入れ替わる激しいトップ争いを展開。最後はそのまま並ぶように両車フィニッシュ、わずかコンマ1秒以内の僅差で6号車が優勝。さらに8号車に続き、3位にもGT-Rが入り表彰台を独占しました。ワンツーを決めた2台のモデル化にあたっては、膨大な資料の収集、取材、考証を重ね、特に迫力あるボディ形状やエンジンなどには徹底的に拘り、可能な限り当時の姿に忠実に再現しました。


87177-3.jpg  87177-2.jpg

       

タグ : AUTOart

● 日産スカイラインGT-R (KPGC10) レースカー 1971 #6 日本グランプリ優勝/高橋国光

AUTOartから「日産スカイラインGT-R (KPGC10) レースカー 1971 #6 日本グランプリ優勝/高橋国光」が発売されました!

日産 スカイライン GT-R (KPGC10) レースカー 1971 #6 日本グランプリ優勝/高橋国光

日本のモータースポーツ史にその名を刻む『日産 スカイライン GT-R レースカー』は、1969年のデビュー以来、数々の名勝負を演じ通算50を越える勝利を獲得。その中でも、1971年5月に富士スピードウェイで開催された『’71 日本グランプリ』の「ツーリングカー・bレース」は、スリリングなレース展開で特に有名です。前日の予選を圧倒的な速さで制した「ニッサンワークス GT-R」の、ポールポジションの『6号車・高橋国光』と2番手『8号車・長谷見昌弘』の2台が、レースでも3位以下を1周3秒以上上回るラップタイムを刻むハイペースで、毎周のように順位が入れ替わる激しいトップ争いを展開。最後はそのまま並ぶように両車フィニッシュ、わずかコンマ1秒以内の僅差で6号車が優勝。さらに8号車に続き、3位にもGT-Rが入り表彰台を独占しました。ワンツーを決めた2台のモデル化にあたっては、膨大な資料の収集、取材、考証を重ね、特に迫力あるボディ形状やエンジンなどには徹底的に拘り、可能な限り当時の姿に忠実に再現しました。


87176-3.jpg  87176-2.jpg

       

タグ : AUTOart

● スカイライン2000ターボGT-ES(青)/スカイライン2800ディーゼルGT-L(白)


 トミーテックからジャパンの「2000ターボGT-ES(青)」と「2800ディーゼルGT-L(白)」が発売されました!

スカイライン2000ターボGT-ES(青)/スカイライン2800ディーゼルGT-L(白)


 ●トミカリミテッドヴィンテージNEO (LV-N111a) スカイライン 2000ターボ GT-E・S (青)

トミカリミテッド ヴィンテージ ネオ (LV-N111a) スカイライン 2000ターボ GT-E・S (青)

1980年、『夢のスカGターボ』と呼ばれ鳴り物入りでデビューした2000GTターボは、先発のセドリック/グロリア(430型)同様、L20E-T型エンジンを搭載。人々の羨望の的となりました。



 ●トミカリミテッドヴィンテージNEO (LV-N111ba) スカイライン 2800ディーゼル GT-L (白)

トミカリミテッド ヴィンテージ ネオ (LV-N111ba) スカイライン 2800ディーゼル GT-L (白)

当時普及の兆しを見せていたディーゼル乗用車として、日産自慢のLD28型を載せた6気筒ディーゼルGTも登場。当時国産最速のディーゼル車として名を馳せました。
ディーゼルGTは、カタログに掲載された、『2800DIESEL GT』文字が入った特別仕様車を製品化。



  


● 荻窪魂04 日産スカイライン2000GTターボ 試作実験車


 トミーテックから「荻窪魂04 日産スカイライン2000GTターボ試作実験車」が発売されました!

 ●荻窪魂04 日産スカイライン 2000GTターボ 試作実験車

荻窪魂04 日産スカイライン2000GTターボ 試作実験車

プリンス車や、旧プリンスの流れを汲む車両にスポットをあてた『荻窪魂』の第4弾。
今回は、スカイライン・ジャパンターボの登場時、プロモーションに使用された「試作実験車」仕様を商品化。
この試作車がテストコースを走り回る様子は、当時のプロモーション映像やカタログに登場。
ボディに書き込まれた文字はもちろん、純正アルミホイール、大型フォグランプとともに、当時の映像をそのまま再現。ナンバープレート文字はもちろん『耐久』。
同時発売の2800ディーゼルGTと並び、こちらもミニカーとしては、珍しい1台でしょう。


       

● 特捜最前線03 スカイライン(黄)


 トミーテックから「特捜最前線03 スカイライン(黄)」が発売されました!

 ●トミカリミテッドヴィンテージNEO LV-N 特捜最前線03 スカイライン (黄)

特捜最前線03 スカイライン(黄)

TLV-NEOの新シリーズ、『特捜最前線』が好評です。
番組中で活躍した特命捜査課の通称・特命車を中心に、犯人車など、劇中に登場した車両をモデル化。
第3弾は、黄色いスカイライン(ジャパン)前期型2000GT-E・Sです。
他の特命車とは異なり、赤色灯は反転式ではなくなりました。


 

● 日産スカイライン2000GT


 トミーテックから「日産スカイライン 2000GT(白)/(ベージュM)」が発売されました!

 ●トミカリミテッドヴィンテージNEO(LV-N110a / LV-N110b)

日産スカイライン 2000GT(白)/(ベージュM)

1977年に登場した5代目スカイライン、通称『ジャパン』の4ドアセダンを製品化。
まずは6気筒車のベースグレード=2000GT の前期型を製品化。
その他のグレードや、後期型が発売できるように金型を製作しました。
製品化にあたっては実車を立体スキャン、実車のイメージを忠実に再現しています。
ボディカラーは白とベージュMの2色です。


  

● Z-01f スカイライン シルエット


 トミーテックから「チョロQ zero Z-01f スカイラインシルエット」が発売されました!

 ● チョロQ zero Z-01f スカイラインシルエット
チョロQ zero Z-01f スカイラインシルエット

チョロQ zero誕生4周年記念として、絶大な人気を誇るトミカスカイラインシルエットの新仕様を追加。
実車デビュー初年度 1982年後期型をイメージして、サイドミラーの色、エンジンフードのアウトレット等細部の彩色を変更。スポンサーマーク類も82年後期の仕様を再現しました。


 


● NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970)


 インターアライドから「Hi Story NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970)」が発売されました!

 ● Hi Story 1/43 NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970) ゴールドメタリック

NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970)ゴールドメタリック


 ● Hi Story 1/43 NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970) ブルーメタリック

NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970)ブルーメタリック


 ● Hi Story 1/43 NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970) イエロー

NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970)イエロー


 ● Hi Story 1/43 NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970) ホワイト

NISSAN SKYLINE 1800 VAN DELUXE (1970)ホワイト

「乗用車でも通用します。スカイラインバン。」
1968年から1972年まで販売されていた3代目スカイライン(C10型/通称ハコスカ)は現在でも絶大な人気を誇っています。
商用モデルとして発売されたスカイラインバン(VC10型)は、精悍な顔つきやボディサイドのサーフラインなど、ハコスカの雰囲気を受け継いでいます。
現在でも超稀少車として人気の高いスカイラインバンを、当時の雰囲気もそのままにハイストーリーシリーズ(レジンキャストライン)で再現致しました。



   


タグ : HiStory

● スカイライン綜合警備保障 & スカイライン1500(青)


 トミーテックから「3代目スカイライン(ハコスカ)の新仕様」が発売されました!

LV-153a&b

人気の3代目スカイライン(ハコスカ)の新仕様。
2007年の『荻窪魂vol.1』以来製品化のなかった1968年・最初期型を展開します。
7月に創立50周年を迎えた綜合警備保障(現・ALSOK)仕様に加え、当時の純正色より濃い青色を選択しました。既発売の1969年型1800とはグリル、テールランプ等が異なります。
のちの『愛のスカイライン』やGT-Rとは全くイメージの異なる、初期型ならではのファミリーな雰囲気をお楽しみください。


 ●トミカ リミテッドビンテージ (LV-153a) スカイライン綜合警備保障

スカイライン綜合警備保障


 ●トミカ リミテッドビンテージ (LV-153b) スカイライン1500(青)

スカイライン1500(青)


  


● 新金型!ケンメリノーマルフェンダー

 青島文化教材社から「DISM 1/43 ケンメリ スカイライン HT」が3種発売されました!

DISM ケンメリスカイラインHT

大人気モデル「ケンとメリーのスカイライン」です。 しかもGT-Rではなく、あえて2000GT系ハードトップ・ノーマルボディでの商品化です。



 ● KGC110 ケンメリ スカイライン HT 2000GT (シルバーメタリック)

DISM 1/43 KGC110 ケンメリ スカイライン HT 2000GT (シルバーメタリック)


 ● KGC110 ケンメリ スカイライン HT 2000GT (ホワイト)

DISM 1/43 KGC110 ケンメリ スカイライン HT 2000GT (ホワイト)


 ● GC111 ケンメリ スカイライン HT 2000GTX-E/S (シルバーメタリック)

DISM 1/43 GC111 ケンメリ スカイライン HT 2000GTX-E/S (シルバーメタリック)


 1/43ミニカーでのケンメリノーマルフェンダーは史上初の商品化です


   

タグ : DISM

● 日産 スカイライン GT-R (R32) ATCC バサースト プレーンボディ

AUTOartから「日産 スカイライン GT-R (R32) ATCC バサースト プレーンボディ」が2種発売されました!

● 日産 スカイライン (R32) GT-R ATCC バサースト プレーンボディ (ブラック)

日産 スカイライン (R32) GT-R ATCC バサースト プレーンボディ (ブラック)


● 日産 スカイライン (R32) GT-R ATCC バサースト プレーンボディ (ベイサイドブルー)

日産 スカイライン (R32) GT-R ATCC バサースト プレーンボディ (ベイサイドブルー)

日本国内のツーリングカー選手権を席巻した『日産 スカイライン(R32)GT-R グループA仕様』は、オーストラリアで人気がある、当時グループA規定で行われていたATCC(オーストラリア ツーリングカー選手権)にも1990年から参戦。ここでもいきなり3年連続のタイトルを獲得、現地では「ゴジラ」と呼ばれ、あまりの強さに翌年からレギュレーションが変更されてしまうほどの衝撃を与えました。オートアートでは、シリーズ中でも人気が高く最長のレースでもある「バサースト1000kmレース」で、1991年、1992年と連続優勝を果たしたレーシングマシンを、「グループA仕様」のボディスタイルがより理解しやすいプレーンカラーでモデル化。「R34 GT-R」で人気のベイサイドブルーとブラックの2色をラインナップします。


  

タグ : AUTOart

● 日産 スカイライン GT-R (R32) 1992 ATCC バサースト優勝 #1 (レッド)

AUTOartから「日産 スカイライン GT-R (R32) 1992 ATCC バサースト優勝 #1 (レッド)」が発売されました!

日産 スカイライン GT-R (R32) 1992 ATCC バサースト優勝 #1 (レッド)

日本国内のツーリングカー選手権を席巻した『日産 スカイライン (R32) GT-R グループA仕様』は、オーストラリアで人気がある、当時グループA規定で行われていたATCC(オーストラリア ツーリングカー選手権)にも1990年から参戦。ここでもいきなり3年連続のタイトルを獲得、現地では「ゴジラ」と呼ばれ、あまりの強さに翌年からレギュレーションが変更されてしまうほどの衝撃を与えました。オートアートでは、シリーズ中でも人気が高く最長のレースでもある「バサースト1000kmレース」で、ジム・リチャーズとマーク・スカイフェがドライブし1992年に優勝したマシンを可能な限りリアルにモデル化しました。


89279-2.jpg  89279-3.jpg

 

タグ : AUTOart

● 日産 スカイライン GT-R (R32) 1991 ATCC バサースト優勝 #1 (トリコロール)

AUTOartから「日産 スカイライン GT-R (R32) 1991 ATCC バサースト優勝 #1 (トリコロール)」が発売されました!

日産 スカイライン GT-R (R32) 1991 ATCC バサースト優勝 #1 (トリコロール)

日本国内のツーリングカー選手権を席巻した『日産 スカイライン (R32) GT-R グループA仕様』は、オーストラリアで人気がある、当時グループA規定で行われていたATCC(オーストラリア ツーリングカー選手権)にも1990年から参戦。ここでもいきなり3年連続のタイトルを獲得、現地では「ゴジラ」と呼ばれ、あまりの強さに翌年からレギュレーションが変更されてしまうほどの衝撃を与えました。オートアートでは、シリーズ中でも人気が高く最長のレースでもある「バサースト1000kmレース」で、ジム・リチャーズとマーク・スカイフェがドライブし1991年に優勝したマシンを可能な限りリアルにモデル化しました。


日産 スカイライン GT-R (R32) 1991 ATCC バサースト優勝 #1 (トリコロール)  日産 スカイライン GT-R (R32) 1991 ATCC バサースト優勝 #1 (トリコロール)

 

タグ : AUTOart

● スカイライン&GT-R ミニカーコレクションNEO

 サークルKサンクスからミニカーコレクション「SKYLINE & GT-R NEO」が発売されました!

SKYLINE & GT-R NEO 1

SKYLINE & GT-R NEO 2

 その歴史は、日本車のプライドと共に築き上げられてきた。
 日本車随一のブランド “スカイライン” & “GT-R”。 最強コレクション完成!


 ■全8車種 24種類+シークレット(ブラインドBOX)
 ■1/64スケール(ダイキャスト製)
 ■ディスプレイベース付き・コレクションカード同封
 ■「サークルK」「サンクス」限定販売(数量限定)
 ■1箱648円(税込)

● TOKYO AUTO SALON 2015 限定モデルカー

 日産オンラインショップから東京オートサロン2015の限定モデルカーが発売されました!

 ● Nissan Skyline (KPGC10 silver)
KPGC10 silver

 【NISSANオリジナル 生産台数:996台】
 1970年発売“ハコスカ”の愛称で親しまれたスカイライン KPGC10を1/64スケールで
 モデル化。
 NISSAN BOX仕様です。


KPGC10 silver

KPGC10 silver

 【仕様】
 サイズ:1/64スケール
 NISSAN BOX仕様
 ダイキャストモデル
 NISSANオリジナル
 生産台数:996台
 販売価格:¥ 2,200(税込)


 ● Nissan Skyline (KPGC110 white)
KPGC110 white

 【NISSANオリジナル 生産台数:996台】
 1973年発売“ケンメリ”の愛称で親しまれたスカイラインHT2000GT-R KPGC110を
 1/64スケールでモデル化。
 NISSAN BOX仕様です。


KPGC110 white

NOS1025 (3)

 【仕様】
 サイズ:1/64スケール
 NISSAN BOX仕様
 ダイキャストモデル
 NISSANオリジナル
 生産台数:996台
 販売価格:¥ 2,200(税込)


 どちらも996台限定です!お急ぎください
 http://shop.nissan.co.jp/events/15010801

● 日産 スカイライン (DR30) 西部警察 マシンRS-1

AUTOartから「日産 スカイライン (DR30) 西部警察 マシンRS-1」が発売されました!

マシンRS-1

今なお絶大な人気を誇る、テレビドラマ「西部警察」のスーパー・パトカー『マシンRS-1』。当時の最強モデル「日産 スカイライン (DR30) RS-TURBO (前期型)」をベースに、最大出力280ps、最高時速250キロオーバーにまでチューニングされ製作されました。この伝説のマシンが遂にオートアートから1/18スケールダイキャストモデルとして新登場。入念な取材と資料収集により、内外装のスペシャルパーツも忠実に再現しました。
●開閉式二連装20ミリ機銃●急加速装置アフターバーナー●ルーフ大型警光灯●メッシュホイール●エアアウトレット●エアロパーツ●フロントフォグランプ&赤色灯●助手席大型コンピューター●特殊無線機●ドライバーズシート●ステアリングホイール他。


西部警察 マシンRS-1  西部警察 マシンRS-1

 

タグ : AUTOart

● ニッサンスカイラインGT-R R32栄光の軌跡


数多くの伝説を生み出してきたニッサンスカイラインGT-Rの1/64スケールミニカーが登場!

ニッサンスカイラインGT-R R32栄光の軌跡


 限定特典:スカイラインGT-R R32 Gr,A テストカー1台(非売品)付き!

 全日本ツーリングカー選手権(JTC)のグループAで多大な存在感を見せつけ、当時の
 モータースポーツファンを熱狂させたニッサンスカイラインR32のマシンが1/64サイズの
 プラスティック製ミニカーでここによみがえる!


 <ラインナップ>全8種
 ・ユニシアジェックススカイライン(Gr,A 1993)
 ・AXIAスカイライン(Gr,A 1992)
 ・カルソニックスカイライン(Gr,A 1990)
 ・共石スカイラインGP-1プラス(Gr,A 1992)
 ・タイサンSTPGT-R(Gr,A 1992)
 ・BPオイルトランビオGT-R(Gr,A 1993)
 ・FET SPORTS GT-R(Gr,A 1992)
 ・HKS SKYLINE(Gr,A 1992)
  

● 日産スカイライン RSターボ シルエット(DR30)CM ver.

ミニカーショップP-4から「日産スカイライン RSターボ シルエット(DR30)CM ver.」が発売されました!

☆ P4 1/43 日産 スカイライン RS ターボ シルエット DR30 CM ver. レッド/ブラック

P4 1/43 日産 スカイライン RS ターボ シルエット DR30 CM ver. レッド/ブラック


☆ P4 1/43 日産 スカイライン RS ターボ シルエット DR30 CM ver. シェイクダウン ホワイト

P4 1/43 日産 スカイライン RS ターボ シルエット DR30 CM ver. シェイクダウン ホワイト


★ニッサンスカイラインRSターボ (DR30) シルエットCMバージョン★

自動車好きレース好きの間で高い人気を誇るニッサンスカイラインRSターボ。
此処最近では、ますます脚光を浴びる存在となっています。

このスカイラインRSターボは6代目にあたり、『愛のスカイライン』のキャッチフレーズで、
世界中で有名な俳優を起用してデイトナ・インターナショナル・スピードウェイでCM撮影をしました。

そのCMの中で強烈なインパクトを放つスカイラインRSターボ スーパーシルエット。
スカイライン25周年に因んで刻まれたゼッケン25号車が登場します。

今回、P-4ではCMバージョンのスーパーシルエットと、CM撮影の前に極秘で日本のサーキットをシェイクダウン走行した両モデルを随所にタンポ印刷を施し、1/43 レジン製で初めてモデル化します。

このCMバージョンのスカイラインRSターボ スーパーシルエットは、市販車の面影を残して作らているため、実戦仕様とは異なる箇所を徹底的なリサーチによって忠実に再現しました。

モデルを眺めていると、忘れかけていたあの『エキゾーストノートとアフターファイア』を想い出す作品に仕上がっています。


  


タグ : P-4

● 日産 スカイライン (R32) GT-R 1990 グループA #1

AUTOartから「日産 スカイライン (R32) GT-R 1990 グループA #1」が発売されました!

●日産 スカイライン (R32) GT-R 1990 グループA #1 (リーボック/長谷見昌弘・A. オロフソン)

日産 スカイライン (R32) GT-R 1990 グループA #1


全日本ツーリングカー選手権(JTC)において、初参戦の1990年からカテゴリーが終了する1993年までの全29戦29勝という偉業を成し遂げた『日産 スカイライン(R32)GT-R グループA仕様』。1990年開幕戦のデビューレースでは、星野・鈴木組の『カルソニック スカイライン』がいきなりコースレコードを2秒近く短縮するポールポジションを獲得。決勝レースでも全車を周回遅れにする圧倒的な力の差を見せつけ優勝しました。結局その後も快進撃は続き、シリーズ全6戦ポールポジション&優勝(カルソニック5勝、リーボック1勝)の完全制覇を達成しました。JTCシリーズはGT-R人気もあり、多くの観客動員を記録する人気シリーズへと成長しました。オートアートでは、前年チャンピオンでこの年1勝、カラーリングが人気の『リーボック スカイライン(長谷見昌弘・A. オロフソン)』をモデル化しました。レース仕様となるインテリアやトランクルーム、エンジンルームやホイール、またカラーリングなど可能な限りリアルに再現しました。


 


そして、長谷見選手の精巧なドライバーフィギュアがプラスされた
●日産 スカイライン (R32) GT-R 1990 グループA #1 スペシャルエディション

日産 スカイライン (R32) GT-R 1990 グループA #1 スペシャルエディション


こちらには専用のディスプレイケースも付属。世界1,000台限定です!お急ぎください

 


タグ : AUTOart

● プリンス スカイウェイ ピンク & 消防査察広報車

トミーテックから「プリンス スカイウェイ」のピンクと消防査察広報車が発売されました!

●トミカリミテッドヴィンテージ(LV-47c)

プリンス スカイウェイ ピンク


●トミカリミテッドヴィンテージ(LV-141a)

プリンス スカイウェイ 消防査察広報車


初代プリンス スカイラインをベースにした商用車、スカイウェイ(1962-63年)のライトバンに新仕様を追加いたします。ノーマル車は当時の輸出仕様車等にも採用されていた淡いピンクのボディ色を追加。もう1種は、当時実在した荻窪消防署の消防査察広報車仕様としました。消防関係に多く配属されたプリンス車の中でも、プリンスのお膝元・荻窪で活躍した車です。


  

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook