The SKYLINE Complete Blog      by George

■1969年10月

● 2000GT改良!


2000GT[GC10]がマイナーチェンジを受けました!

2000GT 196910

〝愛のスカイライン〟登場から2ヶ月、ついに「2000GT」もシリーズの仲間入りです。

2000GT 196910F  2000GT 196910R

外観は、

 ・フロントグリル
 ・前後バンパー&オーバーライダー
 ・ラジオアンテナ移設
 ・フロントウインカー(パーキングランプ追加)
 ・リアコンビネーションランプ(パーキングランプ追加、反射板:ランプ内側→外側)
 ・リア「2000GT」エンブレム(正方形タイプに)
 ・サイドウインカー大型化(※2000GTのみ)

と、“ショートノーズ・シリーズ”同様の変更を受けていますが、今回2000GTの最大の進化は、
改良型L20型(L20A型)エンジンが搭載された事です

L20A型

セドリック(H130)用をベースに圧縮比を高め(8.6→9.5)、ツインキャブ用のカムシャフトを採用する等のチューニングにより、最高出力:120ps/6000rpm、最大トルク:17.0kg-m/4000rpm、最高速度:175km/hを発揮します!

2000GT 196910I インテリアではステアリングホイールのリム部が
 これまでの“木目調”から“本木目”に変わり、
 グリップも太くなって握りやすくなりました。
 又、スイッチ類の表示が絵文字になりました

 これだけ改良進化したにも関わらず、価格は
 据え置きの86万円ですからお買い得ですね

 これで 〈1500〉 〈1800〉 〈2000GT〉 と改良型
 も出揃い、あとは 〈GT-R〉 を残すのみ。
 いつ登場するのか?楽しみに待ちましょう


Skyline 型ログ

■2000GT[GC10]


● 愛のスカイライン③




 車両:スカイライン2000GT(GC10)& 1800スポーティ デラックス(PC10WT)

● '69日本グランプリ(TSレース)

「'69日本グランプリ」が富士スピードウェイで開催されました。

サポートレースの「ツーリングカー(TS)レース」には“GT-R”が大挙出場!
この中にはルーカス製インジェクション(燃料噴射装置)を装着した事実上の“ワークスGT-R”が6台含まれており、予選ではこの6台が上位を独占したのです
No.39寺西選手が叩き出した2分10秒08は、ツーリングーとしては驚異的なタイムです

 予選1位 No.39 寺西 孝利 (SCCN)
 39_PGC10
                                      (予選タイム 2'10"08

 予選2位 No.40 鈴木 誠一 (SCCN)
 40_PGC10
                                      (予選タイム 2'11"08

 予選3位 No.41 田村 三夫 (SCCN)
 41_PGC10
                                      (予選タイム 2'11"49

 予選4位 No.38 歳森 康師 (SCCN)
 38_PGC10
                                      (予選タイム 2'12"08

 予選5位 No.47 須田 祐弘 (SCCN)
 47_PGC10
                                      (予選タイム 2'12"74

 予選6位 No.43 辻本 征一郎 (SCCN)
 43_PGC10
                                      (予選タイム 2'13"05


ワークスGT-R勢に続いたのがPMC・SSCCNからエントリーのプライベートGT-R勢。

 予選7位 No.46 千代間 由親 (PMC・S)  
 46_PGC10
                                      (予選タイム 2'14"35

 予選8位 No.45 R.L.レイガン (PMC・S)
 45_PGC10
                                      (予選タイム 2'14"48

 予選9位 No.44 萩原 裕 (PMC・S)
 44_PGC10
                                      (予選タイム 2'14"54

 予選10位 No.37 箕輪 真治 (SCCN)
 37_PGC10
                                      (予選タイム 2'16"74

 予選11位 No.48 久保田 洋史 (PMC・S)
 48_PGC10
                                      (予選タイム 2'16"97

 予選12位 No.36 長村 瑞臣 (SCCN)
 36_PGC10
                                      (予選タイム 2'17"10

 予選15位 No.50 狩野 英夫 (PMC・S)
 50_PGC10
                                      (予選タイム 2'20"67



午前9時、グリッド上位12台を“GT-R”で独占した決勝レースがスタート

'69日本グランプリTSレース


GT-R同士の熾烈なトップ争いとなったレースの模様は↓




結局、上位8位を“GT-R”が独占するという快挙で8連勝です


ツーリングカーレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 寺西 孝利   45'26"01 (20)
[2位] No.38 スカイライン2000GT-R(PGC10) 歳森 康師   45'26"01 (20)
[3位] No.40 スカイライン2000GT-R(PGC10) 鈴木 誠一   45'26"19 (20)
[4位] No.45 スカイライン2000GT-R(PGC10) R.L.レイガン   45'27"74 (20)
[5位] No.36 スカイライン2000GT-R(PGC10) 長村 瑞臣   45'33"79 (20)
[6位] No.41 スカイライン2000GT-R(PGC10) 田村 三夫   45'36"53 (20)
[7位] No.46 スカイライン2000GT-R(PGC10) 千代間由親   45'44"76 (20)
[8位] No.48 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   45'57"40 (20)

[9位] No.25 トヨタ1600GT(RT55)        藤田 直広   46'44"85 (20)
[10位] No.20 トヨタ1600GT(RT55)        下山 平治   47'09"49 (20)


詳細はこちら(JAFデータベース)

 

● 第4回富士ツーリスト・トロフィーレース

「第4回富士ツーリスト・トロフィーレース」が富士スピードウェイで開催されました。

このレースは、またの名を「ツーリング500マイルレース」と言って、ツーリングカーだけで競う800kmの耐久レース。
公式予選はなく、排気量の大きい順に並べられた45台でレースはスタートしました

第4回富士ツーリスト・トロフィーレース


箕輪/レイガン組、篠原/長村組、萩原/千代間組の3台の“GT-R”がレースをリード。
激しいトップ争いが繰り広げられましたが、最終周、トップを快走していた箕輪/レイガン組がガス欠でピットイン、この隙に篠原/長村組がトップに立ちそのままゴール、土壇場での逆転勝利となりました


ツーリスト・トロフィーレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー         (周回数)



[1位] No. 5 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道/長村 瑞臣  (133)
[2位] No. 1 スカイライン2000GT-R(PGC10) 箕輪 真治/R.L.レイガン  (133)

[3位] No.22 トヨタ1600GT(RT55)        藤田 直広/金原 優    (130)
[4位] No. 9 スカイライン2000GT-R(PGC10) 萩原 裕/千代間 由親  (128)
[5位] No.24 トヨタ1600GT(RT55)        杉崎 直司/舘 宗一    (127)
[6位] No.29 ベレット1600GT(PR91)      加茂 秀夫/青木 正行  (122)


詳細はこちら(JAFデータベース)

カレンダー

09 | 1969/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook