The SKYLINE Complete Blog      by George

■1970年04月

● スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

● 全日本鈴鹿500km自動車レース

鈴鹿耐久レースシリーズの第1戦「全日本鈴鹿500km自動車レース」が鈴鹿サーキットで開催されました。

ポルシェ910、ベレットR6等スポーツプロトとの混走レースに、本橋、星野、箕輪、杉崎選手らが“GT-R”で出場。
日産ワークスの黒沢、都平選手は今回ブルーバードSSSクーペでの出場となりました。

全日本鈴鹿500km自動車レース

ル・マン式スタートで始まった決勝レースは、順当にRⅡクラスのポルシェ910、ベレットR6がワンツー・フィニッシュ。

箕輪真治

GT-R勢では日産ワークスの本橋、星野選手らが苦戦する中、PMC・Sから出場の箕輪選手が大健闘、総合5位に入賞 見事TⅡクラス優勝に輝きました


全日本鈴鹿500km自動車レース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No. 2 ポルシェカレラ910(910)       風戸 裕    3:36'19"10 (84)
[2位] No. 3 ベレットR6(R6)            浅岡 重輝   3:38'57"20 (84)
[3位] No.27 フェアレディ2000(SR311)     西野 弘美   3:36'33"50 (79)
[4位] No. 5 ベレットR6(R6)            津々見友彦   3:37'31"30 (79)
[5位] No.51 スカイライン2000GT-R(PGC10) 箕輪 真治   3:38'37"50 (78)
[6位] No.54 ベレットGT(PR91)          形山 寛次   3:39'04"10 (77)


詳細はこちら(JAFデータベース)

スポンサーサイト

● レース・ド・ニッポン6時間

SCCN主催の「レース・ド・ニッポン6時間」が富士スピードウェイで開催されました。
GTSとTSクラスのマシン50台による6時間耐久レースです。

日産ワークスからは“GT-R”と同じS20型エンジンを搭載したフェアレディZ432が2台出場。
“GT-R”は8台が出場しました。

決勝レースは、序盤から2台のZ432が熾烈なトップ争いを展開、これに黒沢/砂子組、高橋/都平組の“GT-R”が続きました。

レース・ド・ニッポン6時間


結果は、北野/長谷見組のZ432が959km(159周+5km)を走破し優勝!
黒沢/砂子組の“GT-R”が946km(157周+4km)で2位、TSⅢクラス優勝を果たしました
又、高橋/都平組も3位に入り、“GT-R”はTSⅢクラスでワンツー・フィニッシュとなりました


レース・ド・ニッポン6時間決勝結果


[順位] No.     車名                 ドライバー        (周回数)



[1位] No. 1 フェアレディZ432(PS30)       北野 元 / 長谷見 昌弘   (159)
[2位] No. 5 スカイライン2000GT-R(PGC10)  黒沢 元治 / 砂子 義一  (157)
[3位] No. 3 スカイライン2000GT-R(PGC10)  高橋 国光 / 都平 健二  (156)

[4位] No.43 ファミリアロータリークーペ(M10A) 加茂 進 / 石原 徳彦    (152)
[5位] No.95 スカイライン2000GT-R(PGC10)  須田 祐弘 / 田村 三夫  (147)
[6位] No.91 フェアレディ2000(SR311)      土屋 郁夫 / 保坂 晃一  (142)


詳細はこちら(JAFデータベース)

カレンダー

03 | 1970/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。