The SKYLINE Complete Blog      by George

■1970年07月

● スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

● 北海道スピードウェイ・オープニングレース大会

札幌から約100kmの白老町に本格サーキット「北海道スピードウェイ」が誕生、そのオープニングレースが本日開催されました!

SCCNの主催で行われたこのレースには、R380、Z432、スカイラインGT-R、ブルーバードSSS、サニークーペ等ワークス勢が総出演。

北海道スピードウェイ・オープニングレース


“GT-R”は須田選手が4位、辻本選手が5位に入り、TSクラスの1、2位を獲得しました


スポーツマンレース決勝結果


[順位] No.     車名                ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No. 1 ニッサンR380              高橋 国光   1:09'00"79 (60)
[2位] No. 2 ニッサンR380              砂子 義一   1:09'02"66 (60)
[3位] No. 3 フェアレディZ432-R(PS30SB)    歳森 康師   1:09'51"09 (57)
[4位] No.10 スカイライン2000GT-R(PGC10)  須田 祐弘   1:09'28"87 (56)
[5位] No.11 スカイライン2000GT-R(PGC10)  辻本征一郎   1:09'10"97 (54)

[6位] No.12 ブルーバード1600SSS(P510)    本橋 明泰   1:09'50"79 (53)


スポンサーサイト
タグ : 須田祐弘

● '70全日本ドライバー選手権 第4戦 筑波大会

「'70全日本ドライバー選手権」の第4戦が筑波サーキットで開催されました。

これまでの3戦は高橋選手が全勝!このレースに勝てばシリーズ・チャンピオンが確定します。
午前8時50分、50周の決勝レースがスタート。

全日本ドライバー選手権第4戦


高橋選手と都平選手の“GT-R”が終始トップ争いを展開、36周目に都平選手がトップに立つも、40周目に高橋選手が再度トップを奪い返しそのままフィニッシュ!
これで高橋選手は4戦全勝で全日本選手権TⅡクラス・チャンピオンに輝きました


全日本選手権ツーリングカーⅡレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.18 スカイライン2000GT-R(PGC10)  高橋 国光   58'41"22 (50)
[2位] No.17 スカイライン2000GT-R(PGC10)  都平 健二   58'41"81 (50)
[3位] No.56 スカイライン2000GT-R(PGC10)  箕輪 真治   59'56"76 (49)
[4位] No.64 スカイライン2000GT-R(PGC10)  清滝 淑夫   59'09"23 (47)

[5位] No.10 ファミリアロータリークーペ(M10A)  尾上  誠    59'27"34 (47)
[6位] No.14 ベレット1600GT(PR91)        杉野  徹    59'44"00 (46)


詳細はこちら(JAFデータベース)

● 愛のスカイライン=個性のサーフィン・ラインです。


愛のスカイライン=個性のサーフィン・ラインです。


〝サーフィン・ライン〟って呼ぶんだぁ・・・・初めて知った!(笑)


● '70 ニッサン・サンデーレースミーティング

「ニッサン・サンデーレースミーティング」が富士スピードウェイで開催されました。

今年はNDC-TOKYO(日本ダットサンクラブ東京)の主催で、1600ccを境に2レースに分けて行われ、“GT-R”はGTSクラスのフェアレディ勢と共に第2レースに出場しました。

70ニッサンサンデーレースミーティング


午後2時40分、濃霧の中決勝レースがスタート。
ポール・ポジションの桑島Zが順調に周回を重ねていましたが、21周目に右後輪のパンクで脱落。代わってトップに立った柳田選手のフェアレディが優勝、久保田選手の“GT-R”が3位に入り、TSⅢクラス優勝を飾りました


第2レース決勝結果


[順位] No.     車名              ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.22 フェアレディ2000(SR311)     柳田 春人   43'36"37 (25)
[2位] No.20 フェアレディZ(S30)         太田 忠旨   43'43"08 (25)
[3位] No. 5 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   43'46"91 (25)
[4位] No. 6 スカイライン2000GT-R(PGC10) 杉崎 直司   44'32"40 (25)
[5位] No. 8 スカイライン2000GT-R(PGC10) 友末 正徳   44'56"21 (25)

[6位] No.16 フェアレディZ(S30)         桑島 正美   45'09"57 (25)


● '70全日本富士1000kmレース

「'70全日本富士1000kmレース」が富士スピードウェイで開催されました。

参加台数は108台で、“GT-R”は北野/横山組、砂子/長谷見組のワークスの他に、久保田/大塚組、杉崎/水野組ら6台が出場しました。
午前11時、30℃を超す猛暑の中、ル・マン式により決勝レースがスタート。
このレースがデビュー戦となった高橋/黒沢組の〝240Z〟と砂子/長谷見組の“GT-R”が終始トップ争いを展開し、高橋/黒沢組の〝240Z〟が6時間47分11秒57で優勝!
同一周回の2位でフィニッシュした砂子/長谷見組の“GT-R”がTSⅢクラス優勝となりました

70全日本富士1000kmレース


TMSC主催の今回のレース、終わってみれば上位は日産勢が占める結果となりましたね


全日本富士1000kmレース決勝結果


[順位] No.     車名                 ドライバー        (周回数)



[1位] No.31 ダットサンスポーツ240Z(HS30)   高橋 国光 / 黒沢 元治  (233)
[2位] No.54 スカイライン2000GT-R(PGC10)  砂子 義一 / 長谷見昌弘 (233)
[3位] No.30 フェアレディZ432(PS30)       歳森 康師 / 星野 一義 (231)
[4位] No.49 コロナマークⅡGSS(RT75)     高橋 利昭 / 高橋 晴邦  (223)
[5位] No.53 スカイライン2000GT-R(PGC10)  久保田洋史 / 大塚 光博 (218)
[6位] No.75 ブルーバード1600SSS(P510)    田村 三夫 / 本橋 明泰  (217)


詳細はこちら(JAFデータベース)

カレンダー

06 | 1970/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。