The SKYLINE Complete Blog      by George

■1970年08月

● 富士フレッシュマンレース第4戦

「富士フレッシュマンレース第4戦」が富士スピードウェイで開催されました。

予選では3台のフェアレディにフロントロウを独占されましたが、決勝レースでは2列目からスタートした久保田選手の“GT-R”が1周目からトップを奪い快走

富士フレッシュマンレース第4戦


2位以下を大きく引き離してフィニッシュ 塩谷選手の“GT-R”も3位表彰台を獲得しました


MAXIレース決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 久保田洋史   21'18"72 (12)
[2位] No.28 フェアレディ2000(SR311)     斉藤  実    21'42"49 (12)
[3位] No.34 スカイライン2000GT-R(PGC10) 塩谷 俊介   21'46"14 (12)
[4位] No.23 フェアレディ2000(SR311)     小野 清治   22'15"60 (12)
[5位] No. 9  フェアレディ2000(SR311)     福島  進    22'19"65 (12)
[6位] No.32 フェアレディ2000(SR311)     浅田 アキラ   22'20"08 (12)


● 全日本鈴鹿12時間自動車レース

'70鈴鹿耐久シリーズの最終戦「全日本鈴鹿12時間自動車レース」が鈴鹿サーキットで開催されました。

日本一過酷と言われるこのレースに、日産ワークスは“GT-R”に高橋/都平組、横山/歳森組を、〝240Z〟には砂子/北野組、〝SSS-R〟には黒沢/長谷見組、〝SSS〟には星野/本橋組を起用して必勝体制で臨んできました。
9時30分、炎天下の中12時間の耐久レースがスタートしましたが、午後4時44分頃スプーンカーブで火災死亡事故が発生!レースは赤旗中断となり、1時間14分後に再スタートとなりました。

全日本鈴鹿12時間自動車レース


レースはプライベート出場のニットラAC7(ホンダ1300エンジン搭載のプロトタイプ)と“ワークスGT-R”の戦いに終始しましたが、燃費の善し悪しが勝負を分けました。
6.9km/lも走ったというニットラAC7がトップでチェッカー
3km/lだった“GT-R”は高橋/都平組が2位、横山/歳森組が3位でTⅡクラス1-2位を獲得!
プライベートで参戦した箕輪/杉崎組の“GT-R”も総合5位(クラス4位)に入賞しました


全日本鈴鹿12時間自動車レース決勝結果


[順位] No.     車名                 ドライバー        (周回数)



[1位] No. 8  ニットラAC7(AC7)           田中 弘 / 矢吹 圭造  (236)
[2位] No.25 スカイライン2000GT-R(PGC10)  高橋 国光 / 都平 健二  (235)
[3位] No.26 スカイライン2000GT-R(PGC10)  横山  達 / 歳森 康師  (233)

[4位] No.47 ファミリアロータリークーペ(M10A) 増田 建基 / 藤田 直広  (231)
[5位] No.29 スカイライン2000GT-R(PGC10)  箕輪 真治 / 杉崎 直司  (230)
[6位] No.35 ファミリアロータリークーペ(M10A) 田中 梅夫 / 伊藤 一良  (226)


詳細はこちら(JAFデータベース)

カレンダー

07 | 1970/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook