The SKYLINE Complete Blog      by George

● '69 JAFグランプリ

スカイライン2000GT-R(PGC10)がサーキットに登場しました!

69JAF-GP

デビュー・レースは「'69 JAFグランプリ」のクラブマン・レース(特殊ツーリングカーの部)です。

このレースでは過去のグランプリで好成績を挙げたドライバーを除外する「出場資格制限」が設定されたため、日産はPMC・S(プリンス・モータリスト・クラブ・スポーツ)SCCN(ニッサン・スポーツ・カー・クラブ)に所属するドライバーから5名を選定し、“初陣”に臨んだのです。

 No.36 萩原 裕 (PMC・S)
 36_PGC10
                                予選5位 (予選タイム 2'14"91

 No.37 R.L.レイガン (PMC・S)
 37_PGC10
                                予選2位 (予選タイム 2'13"73

 No.38 藤田 皓二 (SCCN)
 38_PGC10
                                予選1位 (予選タイム 2'13"42

 No.39 篠原 孝道 (SCCN)
 39_PGC10
                                予選8位 (予選タイム 2'15"58

 No.40 長村 瑞臣 (SCCN)
 40_PGC10
                                予選3位 (予選タイム 2'14"66


黒沢元治、高橋国光らファクトリードライバーによるトレーニングの効果もあってか、昨日の予選では各選手とも好タイムをマーク、グリッド上位3台をスカイライン2000GT-Rが独占しました!


午前11時、決勝レースがスタート。
富士スピードウェイのストレートに合わせハイクロスギアを採用したスカイライン勢はスタートダッシュで出遅れ、先行するトヨタ1600GT勢を追うレース展開となりました。

トヨタ1600GT vs スカイライン2000GT-R

で、結果は?・・・・


届きたてのVTRをご覧下さい↓(笑)



レース終了後、トップでチェッカーを受けたNo.26高橋選手(TMSC)のトヨタ1600GTは、「No.39篠原選手のGT-Rの走路を妨害した」として1周減算のペナルティが科せられ3位に転落。
結果No.39篠原選手のGT-Rが逆転優勝 2位にもNo.36萩原選手のGT-Rが入り、GT-Rの“初陣”は辛くもワンツーフィニッシュとなったのでした


クラブマン・レース(特殊ツーリングカーの部)決勝結果


[順位] No.     車名               ドライバー    タイム  (周回数)



[1位] No.39 スカイライン2000GT-R(PGC10) 篠原 孝道  1:08'56"33 (30)
[2位] No.36 スカイライン2000GT-R(PGC10) 萩原 裕    1:09'15"54 (30)

[3位] No.26 トヨタ1600GT(RT55)        高橋 晴邦  1:08'55"14 (30-1)
[4位] No.38 スカイライン2000GT-R(PGC10) 藤田 皓二  1:08'57"63 (29)
[5位] No.33 スカイライン2000GT-R(PGC10) 狩野 英夫  1:09'36"98 (29)

[6位] No.11 カローラ・スプリンター(KE15)    須田 祐弘  1:10'03"16 (29)


詳細はこちら(JAFデータベース)

 

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Amazone

楽天

検索フォーム

アクセス

月別アーカイブ

QRコード

QR

Facebook